FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョーズ ダウンステアーズ@海辺のタパスバーby メオタイ

bd10-joes1.jpg



タパス。スbd10-joes2.jpgペイン語でおつまみの意味。
スペインでは間食としてこのタパスとワインを飲む習慣があるらしい。
そんなタパスからメインディッシュまでカジュアルに楽しめるというジョーズダウンステアーズに初めて行ってみた。プーケットにおけるレストランの名店バーンリンパグループの1店舗のこの店は、ちょうどバーンリンパとダ マリッツオの中間に位置し、
例にもれずテラスのすぐ外は浜辺。
この日も私たちのほか、おしゃれなリゾートウエアに身を包んだアジア人と西洋人の美人二人が夕暮れのテラスでモヒートとタパスを楽しんでいた。なんと絵になる光景。

この日はシンガポールの雑誌ホスピタリティアジアでタイのベストシェフアワードを受賞したことのあるシェフ、アーロンが厳選した4種類の料理を試させていただいた。
せっかくなので、これまた美女たちをまねして、かのヘミングウエイも愛したというクラッシュしたハーブの香りが何ともさわやかなモヒートとフローズンマルガリータ パッションフルーツもいただく。

1皿目はタパスメニューから、カリカリに焼いたゴートチーズの赤ピーマンジャム添え。
ゴートチーズは少々臭みがあるので日本人は苦手な人が多いが、これはカリッと焼いてあるのでぎゅっとうまみが凝縮されたかんじ。

そしてメインメニューの中で特に印象的だったのはアンガス牛の煮込みと、
プーケット産スナッパーbd10-joes3.jpgのソテー。牛の煮込みは口に入れればほろほろっと崩れて
口の中に溶けるほどのやわらかさ。
赤ワインソースとの相性も良く、意外にさっぱりしているので1皿ペロッといける。

スナッパーのソテーはリゾットが添えられているのでこれまたボリューム満点の
1皿だが、全体的に薄味に仕上がっていてトリュフオイルの香りも良い感じ。
カリカリに皮をやいたスナッパーのふっくらとしたおいしさは、
やはりプーケットで獲れた新鮮なものを使っているから。

私たちが料理を頂いている間に美女二人はタパス数品とカクテルを2杯ずつ飲んで、
さっと帰って行った。
夕方18時ごろからのテラス席は既に予約で埋まっている。
海に沈む夕日を眺めながら、カップルでもいいが、
時として女同士おしゃべりに花を咲かせながらゆっくり飲んだりタパスをつまんだり。
そんなリゾートの夕暮れもまた最高だろう。

bd10-joes5.jpg パトンビーチ ダイヤモンドクリフ向かい
076-618245
営業 12;00-深夜
スポンサーサイト

テーマ : タイ・プーケット
ジャンル : 海外情報

プロフィール

Phuketwalk

Author:Phuketwalk
タイ・プーケットに住むごぶたまです。好きな言葉は『一寸の虫にも五分の魂』。ナノ企業経営で毎日四苦八苦。グルメな友人メオタイさんと二ランさんの応援も得てこのブログを更新中!

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
占いブログパーツ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。